転職時の面接は前向きな転職である事をアピールしましょう。

面接で好印象を与える方法

転職時の面接は前向きに取り組みましょう

面接で好印象を与える方法 転職時の面接は前向きな転職である事をアピールしましょう。基本的には志望動機と一貫性のある理由を用意することが大切です。志望動機の中にはポジティブなものだけをピックアップすることで好印象を与えることができます。転職理由が「給与の低さ」や「拘束時間の長さ」では、よい印象が与えられません。新しいことにチャレンジする姿勢を示しましょう。

例えば、「人事担当と総務を兼任しており、その二つの仕事を兼任するうちに社内教育や新人研修の重要性、そして、それらにかかわる各種業務への専門性を高めたいと考えるようになりました。上司に掛け合い、起案を作成しましたが、現在の会社では様々な理由で難しいと分かり、退職を決意しました」と答えることで意欲的な姿勢と、前向きな退職をアピールできます。また、この事例では、二つの業務の兼任という有能性を同時に伝えることもできます。

志望理由では、面接を受ける会社を知ったきっかけや、社風をどのように感じたのか、なぜその会社で働きたいのか、そして、なぜその会社でなくてはならないのかを話しましょう。これらを軸として、前向きな理由を述べていきます。一つでもネガティブな内容が入ってしまうと、印象が悪くなります。また、話した内容に切り込むような深い質問が来た場合のにも答えられるように、十分な基盤を作ってから面接に臨みましょう。

おすすめ情報

Copyright (C)2019面接で好印象を与える方法.All rights reserved.